たねをまくことは、いのちをつなぐこと~Seed of hope~

きぼうのたねカンパニー アグロエコロジーを軸に自由なフィールドで希望の種を蒔き続けます。 愛と癒しでこの世界をゆるやかに変革していきます。

わたしの想うこと

月をみよ


明日は満月。
農業をやって大事にしてきたこと「月をみる」という意味について簡単に説明します。




満月と新月では地下水位が変化します。


地球は月の引力によって呼吸しています。

満月のときは地下水位が上がっているので、タネを蒔いた後、地下水によって表面近くまで土が濡れタネが吸収しはじめます。

また種子は月明かりがある方が発芽率がよいと言われています。
月光には種子を病気から守る力もあるとさえ言われています。


満月に向かうとき、種まきのタイミングになります。

そして、空からの雨も神様からのギフトになって降り注ぎます。
自然の摂理に従って、感覚を研ぎすませていくことでみえてくる農のあり方を探求しています。



昨日は浪江町の畑で、力強く照りつける太陽の下、人参、大根、ごぼうの種まきをしました。



今年で農業をはじめて10年が経ちます。
10回目のチャレンジの中で見えてきたものをもっとこの社会へ伝えていく。




このブログを読んで下さるみなさまへ、これまでの経緯と農や地域の関わりを簡単にまとめておきます。



1、二本松市東和地区 (2010〜)
30年来、有機農業をベースにしてきたコミュニティづくりの先駆的な地域での農業従事
及び原発災害のもたらした放射能汚染に対する取り組み、連携、協同による発信。
2013年きぼうのたねカンパニー起業。《→現在は会社形態としては休業中》

ツアーやイベントの”体験”や”現場の声”を通した人との関係性づくり、震災教訓を伝授する場として活動。
専業農家として生まれ育った恵まれた環境の中で培った経験、知識、知恵、アイデンティティそして全国の農業者とのネットワークを築いてきた。


2、宮城県南三陸町  (2019〜)
新天地にひとり飛び込み、「いのちめぐるまち」とコンセプトを掲げる地域を多角的に学ぶ。
東日本大震災の津波被害というダメージを受けた場所で、ポジティブな発信、インパクトのある地域モデルの中での挑戦に惹かれた。南三陸町で10a規模の畑の開墾、自然栽培モデルの創造。
自家採取やアグロエコロジーの考え方により近づき、更にこの地でできることを広げていきたいと想う。
津波や飢饉など厳しい条件の中で生きる知恵や強さからの学びがある町。そして海と山、森の命の恵みが豊かで愛おしいほど自然の恩恵を実感できる場所。
今でも畑は継続しながら、南三陸での農コミュニティを発展しながら創り上げたい。


3、福島県浪江町 (2020〜)
一般社団法人まちづくりなみえ という組織に属しながらも原発から10㌔地点の場所で大地の再生を目指す。組織の一員としての農業の技術、知識の伝授、食の地域の循環モデル、有機農法の考え方をこの場所でどう生かすかへチャレンジしている。地域の中で第一次産業の可能性へのチャレンジを探りながら、未来へのワクワクと創造を掲げる。40aほどの畑を借りて2020年4月から少量多品目の野菜栽培をスタート。目標は2年後に有機JAS認証の取得。道の駅販売及び地域の飲食店、3年後には学校給食などとの連携による食の循環を目指すこと。町内で出た食品残さは堆肥づくりへの転換し、いい土づくりから美味しい野菜や果物づくりを実現すること。食品ロスゼロ、エネルギーと食の自給自足、サステウィナブルなまちづくりで社会へのうねりをもたらす。
世界にもインパクトを与えた原発災害。ここが起点となって、ポジティブな発信をしていく。
前例のないこの町で何ができるか、何をしたいかを明確にしながら、地域の人と寄り添いながら、今ここから、日本にそして世界に発信できる農業のモデルを創り出すこと。








これまで「農業」という「業」という言葉について、どうこの社会であるべきかも考えて来ました。

これからは、お金の価値観の変化、物質的なものよりも心の豊かさに着眼され、経験や人とのつながりによって生み出されていくものに価値が変化していくと想います。

実践を通して学んだ経験や地域の歴史、土地、気候ならでは気づきがあることに触れてきました。

 「きぼうのたねカンパニー」という存在価値。

3カ所での実践を通しながら、これから更に広がる可能性をもち続けていきます。

自由なフィールドで描ける世界を
知識や技術、考え方などを発信し、より豊かなネットワークを描ける未来を創り出していきましょう。




食やエネルギーの自給が、今こそ見直されていくことでしょう。

福島の教訓から私たちは何を学んだのか?


それは,人間の根っこにある命のありかた、わたしたちの
生命を紡ぐ、この自然との関わり方を今こそ問うときにきています。

 

心との対話


今日も目が覚めたこと、感謝からはじまる朝。

ブログを読んでくれてありがとうございます。


福島県の川内村という、ちいさな村でわたしの友人がお花屋さんをやっています♪

彼女は会うと元気を与えてくれます。

お花という植物のエネルギーは、わたしたちの心を穏やかに和やかにしてくれます。




received_293013118356598


友人への贈りものにオーダーしたお花。
思わず温かい氣もちに愛溢れました。
歓んでくれると嬉しいです♪





経済活動がストップしてあらゆる面で打撃を受けているニュースが飛び交う日々。


今、いろんなことが制限され、あれもできない、あの人と会えない、毎年の行事が中止になってしまう・・・・
そんなことで気分がふさぎ込んでいる方も少なくないでしょう。

まさに前代未聞の出来事が、この時代に生まれた私たちは人間界として生きる意味、目的があってこそだと想います。

ただ、この試練をどう捉えるか。
自分は普段何を意識するかで見える世界が変わってきます。
不安な氣もちにフォーカスするのか
それとも
見えない未来を手探りでもいいから、
ワクワクすること
楽しいことを想像しながら
目の前のしあわせを
感謝をみつけだしていくのか



心の持ち方が問われる時代に入ってきました。
自分の望む道を導き出す未来になります。


そもそも、あなたがやりたかったことはなんですか?


そもそも、目標や目的に達する道はどんな方法がありますか?


今、これは無理、できないと制限を強制的にかけられてしまったことに対して、まずは受け入れてみましょう。


できない自分も
認めていきましょう。


全てに意味があります。

自分をもう一度、問うことからはじめてみましょう。

自分は本当はどうありたい?

理想の自分ってどんな人?

未来の地図を制限なく描くとしたら?




今だからこそ、内側との対話によって導かれる未来の姿があります。


便利さ故に、オンラインでいろんなことができてパソコン画面をみている日々もあってもいいでしょう。

しかし、オンライン会議は相手の表情や会話のタイミングなど、画面を通して行うコミュニケーションは集中力が必要なため通常の対話よりもストレスを感じがちだと言われています。




パソコンにかじりつくオンライン会議とは距離をとり、自分時間も大切に「ひとり会議」がオススメです。


私はノートとペンがあれば、心が安定する性格です。笑 
だからアイディアや記録は常に紙に書くことをしています。

紙に書くこと、

それは真っ白なキャンパスに自由に描くことです。


「ひとり会議」が好きな私にはそれが大事な時間になります。


今こそ、自分との対話をしてみませんか?




外の空気を感じながら、今日も響き渡る鳥たちや風の匂いを感じてみてください!!


 

地球に愛を

93979898_2826145077453922_931422224311648256_n


命の音...

エネルギーの響き…



今日の触れる世界はどんなことで溢れているんだろう。


93964408_2826145324120564_713584296262107136_n
 

種を蒔けば芽が出る自然界とわたしたち人間は共存していく。





この地球を愛する
この世界に感謝する


今朝も目が覚めて、太陽が昇る。
あたり前の日々が繰り返されるけれど、

わたしたちはこの今の社会に何にフォーカス《集中》して物事を選び取っていくのだろうか。




新月。


新しい1日の歓びを受け取っていこう。 

春の雨


おはようございます。
週末もそして今日も雨の降る朝を迎えています。

雨の音が心地よいです。


緑を潤し、大地にも染み渡ります。


今日から志事がテレワーク&ステイファーム、時々出社という働き方になりました。
ちょっと特殊(笑)

事務的なことやオンラインでできる打ち合わせはテレワークで
農業の仕事もあるので天気をみながら畑で
というスタイルが今私のとても居心地がよい状態。

会社という限られたスペース(空間)で、いつも顔合わせる人たち、そして時間が制約される、今は通勤距離があるため移動の時間とCO2の排出という環境破壊を考えると・・・


自分の時間管理で効率よく仕事を進められること
作業も集中して行えること
移動時間がないので読書やこういう時だからこそ情報を精査して自分に必要なことを学べること

ができて、ラッキーという感じです。

コロナのおかげでこのような今を迎えている。




わたしにとっては、今がこの状況はベスト。

ありがたい環境に感謝です。


この夏に向けて大きなプロジェクトの準備のため、福島県浪江町で働いています。



ゴールにコミットして、今この状況でやれることを進めていくことです。

いつどうなるかわからないからこそ、未来を予測して進めるかどうかです。


今朝も宮城県沖で大きな地震がありました。



あの町の顔の知っている友人たちが思い浮かびます・・・・。




予測できない未来もあります。
いつどこでどんなことが起こるか、もうそんな時代に入りました。


そんなときに大事にしていきたいのが”メンタル”コントロール

自己内省だったり、自分の内側を問うのです。


常にイライラしてしまう人 怒っている人 愚痴や周りのせいにしてしまう人


そういう気持ちはよくわかります。

しかし、一番その態度や言葉自体、自分自身を傷つけてしまっているのかもしれません


自分がいつもどんな状態、気持ちで過ごすかで、わたしたちの周りの関わりに変化をもたらせるのではないかなと思います。



ありがとう


おかげさまで


ついてる


運がいい



言葉や感情がつくる世界があります◎



今日はやさしい一日になります。

と、毎朝やっているオンラインダンスの講師の方がおっしゃいました。


その優しさを周りの人たち、日本や世界のつながる人たちに届けようという気持ちでほんの1mmでも1㎝でも優しさの想いが伝わったらいいなと思います。



Have a nice today!















 

生きる意味を問うとき

季節が巡り春を迎えています。
2020年の春はどこで、どんな氣持ちでみなさんは過ごしていますか?


 新型コロナウィルスで自粛、外出制限となりみなさんも窮屈な想いをされている人も少なくないですよね?
また先の見えない未来に不安や憤りを感じていられる方も多いと思います。

こんな時代からこそ、今なにが必要なのか。

この人生において私が生きる役割とは何か?


不安や恐れの毎日を送るよりも今生かされている今に感謝し、今ここにいることへの「安心」や人と寄り添い支え合える「つながり」は益々必要とされる時代に突入しているかのように感じています。



この大地がわたしたちを支え
雨上がりの朝には潤いを感じられる空気が流れ
小鳥たちは元気に鳴いている
変わらない世界がここにあって
自然の営みはたえずして、命の循環を繰り返す



春になれば目を覚まし花を咲かせる
散る時を知り、また土へとかえっていく


美しく咲く花の命の輝きをわたしたちは心からみているだろうか



人間は愚かさと無力さを持ち合わせながらも
常にもがきながら
生きて来たのかもしれない


原発事故が起きた9年前から何をわたしたちは学んだのかを



 今こそ、立ち止まる。


人間の経済優先、地球の気候変動と言われて来た昨今に起きたウィルスによる
世界の人々の命が奪われていく日々がとても哀しく とても苦しい
 

それでも私たちは日々を生かされていくことには変わりはない。



今こそ私たちが気づき、この社会に生きる意味を問い直すこと。


 
ギャラリー
  • 心との対話
  • 地球に愛を
  • 地球に愛を
  • 立春
  • 立春
  • 立春
  • 立春
  • 使命とは
  • 使命とは