可能性を開くカギ、自分の揺れ動く感情を丁寧に扱うこと。
それを意識して過ごしたい1年。



人はどうしても頭で考えがちである。
わたしも年末年始にかけて、あることについてグルグル頭の中で巡っていたが
餅つき交流会に参加したり、スキー場で身体を動かしたり
親戚の方や人と会って話しを聞いたりして過ごしていた。



そんな中、お正月休み中に
楢葉町の小料理屋「結のはじまり」で女子会が開かれた。
双葉郡で起きている生の声や日常の出来事をただうなずきながら聴いていた。

 
双葉郡の地に千葉・大阪・神奈川から移住した3人の女子たちと

福島出身だが今は県外に住むわたしともうひとりの女子は、福島での活動から離れて過ごした1年。

(これまた不思議な構造...笑)



なかなか会えない人たちに、お正月に集える時間は貴重なもの。

 出会えるよろこびに感謝。



世の中はオリンピック...
それぞれが住む環境により得ているものの違い。


多発する災害で、もう過去のこととしてしまい込んでゆく原発事故の事実
情報が折り重なり、上書きされた今、原発災害の地で何を伝えてゆくのか




切り取られた言葉、切り取られた事件や事故の情報が瞬時に流れてゆく日常の中で


見えないモノを大切にする
自分の思想とは、哲学とは・・・を紐解いてゆきたい

 


話しが尽きない中、22時を過ぎたころ。
そろそろ南三陸に帰ろうとハンドルを握った。



24時間、帰還困難地域には監視員が立つ。

雨でも雪でも嵐でも
暗闇の中に佇む姿

この過酷な労働下で何を思うのだろう


感謝と敬意を心の中で伝える
長い時間が経っても変わらないこともある
どれだけの人がこの現実を知っているのだろうと





真夜中の高速道路を走らせながら

みんなが発した言葉一つ一つをもう一度振り返る

自分は口数少なく、聴くだけで返せなかった言葉の数々を自分の胸に落とし込む作業。

人よりも時間がかかることは自分でもわかっていること。

安易に発した言葉は人を傷つけ兼ねないことを知っているし
そんな簡単に言葉を発せる程、私は頭が早く回転するタイプではない



双葉郡の現状は

重くて、苦しいことだったり

現実から目を背けたいことが多いだろう

相手に悪気がなく発した言葉は人を傷つけしまったり

複雑さと残酷さがつきまとう、この地域のこと



時折、みぞれから雪になり視界を遮るくらい吹雪になった
ワイパーを高速にして運転に集中させた


女子トークならではの恋愛の話しもするし、楽しい話題も笑いネタも多かった。
何より女将の料理がとてもおいしかった。

 

それ以上に突きつけられた言葉を自分で整理しながら、帰路につくころはとっくに日付を過ぎていた。

自分の感情はその土地に行けば感じるもの。



揺れ動く心。
矛盾と葛藤。
ここで生きたい、生きると決めたことでも
ある神様から与えられたギフトを自分がどう選びとるか。
人生は未知であり、不確実の中で何を残すのか。
この町が好きなこと。
恋愛と似ている感情が溢れていた。
なぜか冷たい海と風がとても寂しく感じるのはなぜだろう。
この町が私を優しく包み込んでくれている温もりを感じるのはなぜだろう。
私の肌が感じること
私の心が感じること
ゆれ動く今を大切にしようと思う。



感情と向き合いながら、
情報の扱い方に必要な力を選べるように。

大事なこと3つシェア

①変化への対応力

②新しいことを学ぶ力

③慣れない環境下で心を安定させる力