会社決算6期の申告が終わり、

令和という新しい時代、自分の生き方もシフトし、手放す勇気を。
そして身軽になった。

豊かさを手にいれる!そう決めて、自分の信じる道へ


いつの時代にも、何を選び、どう生きるか。
 

Where there's a will,there's a way.

意思あるところに道はひらける




福島に行く用事があり終わってから、心向く場所へ

浪江駅前にあるカフェもんぺるんにて、おいしい珈琲と楽しいスタッフの皆さんとのおしゃべり。
こんな取り組みが始まったそうです!

DSC_0671

DSC_0673


世界なみえ化計画のパートナー着任

→誰でもなれますよ😉一億人のひとり。

「世界なみえ化計画」はこちらのHP

 

浪江町の未来を語り、
長い道のりとともに、
歩んでいく人たちと道をつくれたらなと思って心はここにあり。


5月からは浪江町でわたしの魂が入っているツアーがはじまります。

- 知り、語り、未来を共につくる -
 
浜通り・浪江町で人口ゼロから始まる新しいまちづくりを応援!
 
福島の今を知り、私たちの未来を考える2 日間



催行決定だそうです。大型連休ではないという方もいらっしゃると想います。
5月11〜12日の2日間、現地に行かなければわからない経験がここにあります。
大学生のみなさま、若い人たちの未来につながる現状を一度知ってもらいたいと想っています。


山木屋地区は避難解除後、去年学校は再開したものの一年で通う子どもたちがいなくなり
休校となってしまった。




DSC_0669
 

ここに戻ってきた人たちは種をまき、花を咲かせ、未来の子どもたちに繋いでいくんだという見えない力を感じた。

HIS福島スタディツアーでお世話になった花農家さんにも顔出してきた。
家族で花の作業をしており、少しハウスも新しいのが作られていた。
30代の息子さんが継いでがんばっている中、どんどん農地を手放す人が増え委託されているという現状もお聴きしてきた。
雇用する場がなければ人は帰って来ない、そんな言葉をぽろっとお話してくれた。

 みんなこの地でいろんな想いで生きている。
 

山木屋の春はとても美しかった。


離れていても変わりない故郷と向き合う今。
新たな視点で新たな関わりもきっと、広がるはず。それがまた楽しみである! 

また来ようと想える人たちに会えて、わたしは私のフィールドで、居心地よい空間づくりを。